店長ブログ | 化かし合い♪♪

化かし合い♪♪

2020/11/26 11:07:51

昨日、すみませんすみません!乗ります!乗りまーす!
って滑り込んだエレベーターの中が、カップルの抱擁でした。
「だめだよ、だめだよ、見られちゃうよ・・」
って女の子が述べてるんですけど。
「見られちゃう、見られちゃうよぅ・・・」
って、もう声を押し殺した感じで言ってくれてるんですけど、この密室におきまして、
完全に、そちらの見られちゃうよ指令が届いてるわけです。
こちら側としては、偶然 乗り合わせたその瞬間から、エレベーターの四角の一角に鼻をめり込ませるようにして立って、カードを選んでもらってるマジシャンくらいの見なささなわけです。
「だめだって」
「見てないよ」
「見てるってば」
「見てないよ」
「ほんと?」
「大丈夫、見てないよ」
「でも、見えちゃうかもしれないし」
「見えないよ」
「えー、でも」
う・ら・め・し・や
もう、生前であることとか全然関係ない!
自然と口をついて出ました。そのセリフが。
生きながらにして、今、化けて出れるくらいの無念。
化けて出るっていうか、
もうあらかじめ すでにここにいますけども、
あえて、1回化けたい。1回、化けてから出たい!
今なら、私にもあの井戸が登れる気がする。
ブラウン管から飛び出せる気がする。
その後、3階で見知らぬオジサンが乗ってきました。
待ちに待った2対2。ダブルス。
こうなったら、多少スペースを広めに取り出します。
あとは、まあ、見ました。
どこを見るのも、私の自由ですから。
オジサンもね、そこはすげぇ見てましたから。えぐるくらい。けしからん感じで。
私もオジサンに添える形を取るわけです。
公共の場ですよ!って視線をね、思う存分浴びせてやったわけです。
しかし、まさかオジサンが次の階で降りるとは・・・
まさかのアーリーリタイヤ。
どうしてくれるの、この感じ。
変に間合いを詰めちゃったせいで、3人でPerfumeくらいの配置になってるんですけど。
ち・・近い。
彼女が、彼氏に抱きつきながら朝顔でも観察してんじゃないかってくらい見てくるわけです。
全く発芽してない私を。
思わず必死にカバンをガサゴソして、生クリームでも泡立ててるんじゃないかってくらいガサゴソして、夢中で携帯を取り出して、メールしてるフリをしようと思ったら焦りすぎて、滑り落ちました。
で、落ちた携帯が床をきれいに滑走して、思いっきり二人の甘い空間に行きました。
足と足のまさに、その合間をぬって。
うらめし度もMAX。
リングの井戸で言ったら、貞子が黒ひげ状態で飛び出すレベル。
その瞬間に、エレベーターのドアが開いたから、
反射的にカップルの足の間から、携帯を右足で蹴りだして、
そのままドリブルで外に出ました。
まさに一瞬の判断。
彼氏、「わー!」って言ってました。
「わー!」って。
よく考えると、彼氏、結構情けなかったです。
なんだか、生きながらにして、念願叶って軽く化けて出れた感じです。
 

コメント投稿

お名前

コメント