店長ブログ | エレベーターの修羅場♪♪

エレベーターの修羅場♪♪

2020/11/29 11:50:44

先日、知人とデパートに行った時の事です。コロナ渦でエレベーターもガラガラで乗っていたのは私たち2人だけでした。そのエレベーターに急いで乗り込もうとする人がいました。
閉まりかけのドアからでも輝いて見える、ニシキゴイのようなYシャツ。
光る金の首飾り。
メットのように鋼鉄なオールバック。
瞬時に悟りました。
(ヤクザだ。)
    (ヤクザだ。)
その時、知人はコンマが付くような動きでボタンを押した。
エレベーターのドアが閉まらないようにボタンを押してました。
あーっ!ボタンを間違え『閉』めちゃってるーっ!

やくざ、はさまちゃっいました。

やくざがエレベーターのドアに挟まれてる映像って言ったら!
鼻血が出そうなくらい衝撃映像(ある意味モロ出し)。
それが、今まさに、半径1メートル内。
知人、もう口きけなくなっちゃってました。
かわりに私が謝りましたから。
ヤクザはスーツの襟を正すと、無言でエレベーターに乗り込んできて、すげぇ形相で私たちの背後に立ってます。
ドアが閉まった時、アタシ達は思いました。
(降りれば良かった・・・。)
(紳士服売り場だろうと、オモチャ売り場だろうと、降りれば良かった・・。)
『何階・・ですか・・・?』
名誉挽回とまでに知人が聞きました。
ところが、
『・・ン階』
マスクのせいか全く聞き取れません。
私は知人の方を見ました。
あ、ダメっぽい・・・。
白目剥いてる。
人差し指がETっぽくなっちゃってます。
ゼンマイ仕掛けのような動きで私を見ました。
目が『何階・・・?』って問いかけてる。
私は、場所をチェンジし、コントロールパネルの前に立ちました。
私は意を決して、つとめて冷静に言いました。
『何階ですか?』
らっとヤクザを振り返りさえしながら。
『・・・ん階。』
・・・・。
やっぱり無理でした。
そんなに暑くもないのに、変な汗出てきました。
藁をもすがる気持ちで、私は知人を見ました。
(何階って言った・・?)目で訴えると
(・・いや、もう・・お役目御免かと思って・・)みたいになってます。
私の人差し指も、ついにETになった。
3階から7階まで。
いわば5択!
何階?何階だろう・・?
私は焦る心で必死にさっきのヤクザのイントネーションを頭の中で反芻しました。
なにか!何かあるはずだ!手がかりがっ!じっちゃんの名にかけて!
・・ん階。
たしかヤクザはそう言いました。
3階から7階までで「ん」の付く階は3(さん)階と4(よん)階だけだ!
2択!
どっちだ・・どっちだ・・ど・・・
『早くしろっ!!』(byやくざ)
静寂を切り裂くような、お声。
本当に飛び上がるかと思ったし、ちょっと心臓も止まりました。
一か八かコントロールパネル、全階点灯。
全部の階、止まる宣言しちゃいました。
ヤクザが結構上の階まで行くとしたら、これ、結構やばいんじゃないかなー。
さっきから結構、靴カツカツいってる。どうやらお急ぎのトコっぽいんですよねー。
しかも次の階でうちらが逃げるようにエレベーターを出たとしたら、今は私たちの体で隠れてる、このパネルが公(おおやけ)になっちゃうんですよねー。
ぽーん・・・・
あ・・・
3階・・・
ドアが開く。
誰もいない・・・。
やくざも降りない。
ドアが閉まる。
・・・・・シーン・・・・
気まずい・・・。
たった一階だけでこの長さ・・・。
これが、まだまだ序章・・・。
ポーン・・・。
4階・・・・。
願いむなしく、誰もいない・・・。
ドアが閉まる。
やくざ、ちょっと異変に気付いちゃったっぽい。
背後で動く気配がする。
一歩前に出たくさい・・・。
レストランは一番上。
アタシ達は降りられない。
ポーン・・・
5階オモチャ売り場のドアが開く。
やっぱ誰もいない・・・。
やくざが一歩迫り、口を開こうとしました。
アタシはもう必死に『閉』を押しました。
少しでもロスの時間を短くしようと。
『降ります』
やくざが言いました。
ン階は5階でした。
謎が解けると共に、やくざ、帰りも挟まってました。

コメント投稿

お名前

コメント