店長ブログ

インフルエンザ検査♪♪

2021/01/06 13:18:04|コメント:0件

今年はコロナでなりをひそめてますが、インフルエンザの流行る時期です。ところで、インフルエンザの検査、受けたことありますか?私は去年受けました。
昨年はじめに一日中 家にいて、マンガ読んでゴロゴロしてたら、インフルエンザっぽくなったのです。
えー。インフルエンザって、そういうルール?
もっと人から人へ、みたいなニュアンスの病気じゃなかったっかなー?って思ったんですけど。
とりあえずインフルエンザ判定検査を受けました。
この検査が、すごいのです。
まず、血を採って〜とかカッコイイやつじゃないのです。
血をとれば大抵のことは判明しちゃうこの現代社会においてこの検査は、鼻の穴に綿棒を つっこむのです。この時代、あえての、鼻。
今、そこフューチャーする意味あります?人間の体の中で、一番、ボサッとしてる部位ですけど。正直、私がインフルエンザかどうかを、鼻に決められたくないです。
インフルエンザも、よりによって、なんでそこ居ちゃったの?
他に行くとこなかったのー?ってことなんです。
そこにいるなら、他んとこにもいるんじゃねぇーの?とかノドとか怪しんじゃねぇーの?とか、言いたいことは山々なんですけど、インフルといえば、鼻です。
「じゃあ、ちょっとインフルエンザの検査してみますから〜」って、
横の部屋みたいなとこに呼ばれたんですけど、まぁ、鼻の覚悟はできてた。
でも、鼻担当っぽい看護婦さんが見たかんじ、ワイルド。
あと、なんかカルテをめくる手つきが完全にピリピリしてるのと、二回に一回くらいの溜息がすごい。
そして綿棒綿棒言ってるけど、結構、綿 少なめ。飾り程度。
ほぼ、棒な。しかも、棒が完全に長すぎ。指揮棒くらいある。
その長さをエンジョイできる鼻は無いよ、と。
どこまで遠くにインフルエンザ探しに行く気なの?と。
でも、まあ、来るときは来る。丸イスみたいのに座らされて、目をね、ぱちくりさせて待ってたんですけど、その看護婦さんがインフルエンザの検査のキットを用意して、さあ、いざ!ってとこで、電話がなりました。その電話がちょっとしたイザコザ。
「えー、なんでー!朝確認してたでしょー!」みたいな。
「ちょっと、こっち無理だからね!」
「そんなの、そっちでどうにかしてもらってよ」
「もう、いいです!」ガチャン!つって電話きって5秒くらいシーンとしたあとに、
「じゃあ、入れますねー」
って、もう、絶対、このタイミングじゃないんですよ。
ほんと、私に5分 いただきたい。
でももう綿棒は迫ってくるわけです。
いやー。奏でました。悲鳴を。
久々に、ギブアップしました。何回も「ギブしてるよー」って看護師さんの肩たたいた。
医療現場にも、レフリーの必要性あった。
かたや私も、「動かないでー!」って6回くらい言われました。
ほんと、自分でも、釣り上げられた魚かなってくらい動きました。
もうちょっと我慢できると思ってました。でも考えてみたら、鼻を我慢させたことなんて無かったです。
鼻なんて、普段、なんのアクシデントにも見舞われてなかったので、打たれ弱さが半端無かったです。でも、彼女の綿棒の追跡がすごくて!鼻ん中で、カーチェイスになってました。そこもう鼻通り過ぎちゃったよ、ってとこまで入ってきました。
で、まぁ結果インフルエンザですらなくて、
「ちょっとした風邪」みたいな言われようで帰ってきたんだけど、こんだけ鼻グリグリしといて、「ちょっとした」とかないです。
そんな言葉では片付けられないくらいの風邪だったと、むしろちょっとしたインフルエンザと言っても過言じゃないんじゃないかと思いました。

老眼♪♪

2021/01/05 20:51:38|コメント:0件

私もいよいよ本格的に老眼の世界に足を踏み入れたようで、携帯のボタンの位置関係が「非常に夜霧」なんです。
電話かかってきたときに、「通話」の隣のへんにある「スピーカー」っぽいボタンを高確率で押してしまうようで電話の内容が周囲に筒抜けなんです。
先日も、駅で突如、店の受付から電話がかかってきて、なんか緊急の電話かと思い、必死に周囲に気を使いながら口元に手を当ててちっちゃい声で話してたのですけど、完全にスピーカーホンになってました。
電話の内容は、チョコとか甘いモン買ってきてだけでした(笑)
途中、シャレを混ぜたつもりか「チョコをちょこっと」みたいな、世間にけっして晒してはならないモンが駅で披露されてました。
しかもそれがはっきり聞こえなくて、「ちょっと今、外にいて、聞こえなかったから、もう一回」
みたいなアンコールもしてしまい、
「チョコをちょこっと」が奇跡の再演を果たしてました。
ほんと聞こえてる。
全然聞こえてました。
耳に当ててる部分の、ちょうど反対側から、変なのが(笑)

ライラの冒険♪♪

2021/01/04 20:38:10|コメント:0件

『ライラの冒険〜黄金の羅針盤』
(見てない映画を勘でレビューする)
ライラの冒険。ってことで、間違いなくジャンルはアドベンチャー。
ライラが冒険することに、間違いないわけです。
で、まぁ、見どころは、その冒険具合によるわけですが、どうやら察するに、世界を救うか滅ぼすかが かかってるのでしょう。
冒険としては、一番面倒なジャンルです。オーロラを見たい!とか、アルプスを制覇したい!とか、そういう趣味が高じて・・みたいなことじゃないですから。
で、選ばれたのがライラ。
11歳。
期待の新星もいいとこです。11て(笑)
それが、植村直己(アルピニスト)や関野吉晴(グレートジャーニー)を押しのけての当確。でも11なんて、冒険とか絶対なれてないんです。
しおりとか見て、リュックサック用意するのが精一杯な年代。
なんか熊っぽい動物に乗ってるんですけど、案の定、手ぶら。
見た感じ 身ぃひとつなんです。
映像はちょっとした南極っぽい完全に地面とか氷。
食料とかなんなら明日穿くパンツとかが非常に心配されるんですけど、
ライラ、完全に、手ぶらな感じなんですよ。
その辺も見どころ。
冒険が佳境に入るにつれて、ライラのパンツも間違いなく佳境に入ってきます。
パンツ重ーくなってくる。で、そんなライラを導いてくれるのが、羅針盤です。
私がライラだったら、多分またまたぁ〜、って言うでしょう。
もう黄金かどうかなんて、正直 問題じゃない。世界を救うか滅ぼすかの大勝負ですよ?
導くにしたって、もうちょっとありますよ。私なんてグーグルマップでも割と彷徨っちゃうタチなんです。それが、羅針盤でお願いしますって、どんだけアバウト(笑)
羅針盤、ザッとした感じで導いてくれると思うので、パンツとか、多めに持って行った方が間違いないですよ。あと、針くるくる〜ってなったら、多分、そこ樹海です(笑)
 

今年もよろしくお願いします♪♪

2021/01/03 14:20:42|コメント:0件

あけおめー!ってもう3日です。疑いようもなく明けてます。
完全にうっかり。
いや、これはもしや明けてるのじゃないかなと薄々は感じてたけど、
それにしては、今年はまわりが静かすぎると思いまして。
もっと何かしらパーティー的な感じでしたよね お正月って?
もっと何か、「ニューイヤー!」とか「ヒュー!」とかの歓声が、
まわりを飛び交ったりするんじゃなかったっけ?って。
何なら年が明けた瞬間に、隣にいた人とキッスのひとつやふたつ、
交わしちゃったりしませんでしたっけ?
ただ、今年は1月1日、完全に生活音しか しなかったです。
私が家でコンビニのビニール漁る音の臨場感つったら、なかったです。
もう、この時点で、明けたかどうだか疑わしい感じでした。
そして こんなことわざわざ言うのもアレなんですが、誰か一人ぐらい、明けたねーとか電話してこいって思います(笑)
何ならメールでいい。
空メールでいい。
手ごたえ感じたい。
2021とか、私も使いたい。と、いうのもコロナ関係なく去年ぐらいから愕然と、そして着実に、年賀状というネットワークから はぐれてきてて、今年、もう、限りなくゼロに近い「1」。去年、会員登録したパチンコ屋から一筋の光を見い出しました。
ほんと行けなかったですが(笑)

深夜のコンビニ♪♪

2021/01/02 12:28:50|コメント:2件

元旦、休みだったので大晦日を終え、丑三つ時に、ぼさぼさ頭で、おでん買いに行ったのですけど、メチャメチャカワイイんですよ、店員が。
ぼさぼさ頭の私にカワイイ女の人が「いらっしゃいませ」とか言うわけです。
もー断固として、いらっしゃいません(笑)
カワイイ女性とか、見たいですよ。会いたいですよ。喋りたいですよ。
機会さえあれば、ちょっと触ったりもしたいです。
でも、違うのです。T.P.Oって言うか、午前三時のコンビニにおける、カワイイ店員の需要と供給、全然求めてないんですよね店員のカワイさとか。
そんな彼女が私の頭を凝視、あんまりに見られるもんだから、もうカツカツになって、昆布二つしか頼めなかったです。
昆布二つで、勘弁してください。
お箸は?って聞かれて、一人しかいないのに、二膳!って見栄張ったけど、よくよく考えたら午前三時に昆布二つを二人で食うって、どんだけ貧しい設定(笑)
そこで形勢逆転を狙い、あえて、一万円を出してみたこの計算高さ。そうしたら、彼女がちょっと、「え?」みたいな顔して、「少々お待ちください」とか言っちゃって、奥に消えました。
「えっと・・・いいですよー細かいのありますよー」
って叫んでみたんですけど、音沙汰無し。道中で何かの事件に巻き込まれた?ってくらい、反応なし。その間に、何か場末のカップルが入ってきて、「え?」って顔して出て行ったし。私も、なんというか、つらくて、そっと店をあとにしました。
なんか「少々お待ち」の範囲を逸脱してたし、おでんとか、完全に湯気出す気力を失ってたし。
で、もう一個の方のコンビニに行ったのですけど、もう、見事な店員で。適材適所。完全にアウェーな顔立ち。アウェーというか、私からしたら、ホームみたいな(笑)
いやー、会えて良かった。君に会えて良かった。午前三時にコンビニでレジ打つために生まれてきた感じ。髪型だけは、ちょっと獣神サンダーライガーに似てました。無造作を欲しいままにしてました。こちらも、結構 枠に囚われない髪形をしてたから、その辺もドローで(笑)